沖縄県ふるさとワーキングホリデーは、沖縄県内で一定期間(2週間から1ヶ月程度)働いて収入を得ながら滞在し、地域の人たちとの交流や学び、暮らしを体験してもらう取り組みです。
 滞在中は沖縄ならではの仕事や地域イベント、体験ツアー等を通じて、観光だけでは得られない感動や体験や繋がり、沖縄の魅力を存分に味わっていただけます。
 沖縄県ふるさとワーキングホリデーに参加して、「うちなーライフ」を体感してみませんか?

働き、学びながら体験 地域の魅力を体感 人と触れ合い繋がる 人の輪 今後に役立つスキルも身に付く あなたの経験を地方創生に活かせます 応募フォームはこちら

募集内容

仕事内容
  • 国頭村:福祉系(調理員・ヘルパー)
  • 名護市:福祉系(介護職・看護師・介護支援専門員・保育士・清掃員・調理員)、観光交流拠点施設(直売所スタッフ・店頭スタッフ・事務スタッフ)、リゾートホテルスタッフ(客室清掃・キッチン補助等)
  • うるま市:菊・野菜収穫その他農作業全般
滞在期間1月~3月の間で2週間から1ヶ月間程度(休日含む)
賃金時給770円(沖縄県最低賃金程度)~
※受入れ事業所により異なります
受入人数各地域1名~(最大4名の事業者もあり)
募集期間 2018年12月1日〜2018年12月26日 (一次募集期間)
2018年12月27日〜2019年1月15日 (二次募集期間)
対象者・条件 県外の在住の方 / 期間中、現地に滞在できる方 / 地域イベント、体験ツアー等にもご参加いただきます
*申し込み状況、勤務先の条件によってはご希望にお応えできない場合があります

沖縄県がサポートします

サポートされるもの
  • 宿泊費の一部(上限4000円まで、宿泊場所はこちらで選定いたします。4000円を超える場合は、超過分を参加者負担とします)
  • 滞在地域での移動手段(必要な場合に限る。)
  • 交流イベント・学びの場の提供など
  • 雇用保険などの保険料
参加者が負担するもの
  • 宿泊費の一部(宿泊費1泊あたり4000円を超える場合の超過分)
  • 滞在期間中の飲食費
  • 居住地から勤務地までの往復交通費

参加までの流れ

ステップ1 【沖縄県ふるさとワーキングホリデー】 ホームページをチェック  / ステップ2 【沖縄県ふるさとワーキングホリデー】 ホームページから申し込み  / ステップ3 参加希望者と受入先企業をマッチング (毎週金曜夜 個別相談会を開きます!)*ZOOM等でのWEBミーティングも対応可能 / ステップ4 沖縄県でオリエンテーション / ステップ5 受入先企業へ

お問い合わせ

応募フォームはこちら