岡本磨歩さん②|お仕事編|本部町:ダイビングサービス ジャミング

                       
with コメントはまだありません
ダイビングのお客様を案内する「ダイビングサービスジャミング」(沖縄県本部町)で働く岡本磨歩さんの1日のスケジュール(例)

05:30 起床、朝の支度
06:30 出勤
07:00 お仕事開始。主なお仕事はダイビングに使うボンベに空気を充填すること。
11:00 休憩(1時間)
12:00 ダイビングに同行、練習
14:30 ボンベ充填作業


「おかげで脚の筋肉めっちゃ付きましたよ」と笑う岡本さん。
ズラリと並ぶ水中ボンベは、1個の重さが約15kgはあります。
ジャミングのお客さんが使う分だけではなく、本島北部を中心とした近隣の業者やホテル、ダイバーが使うボンベの補充業務も行っているので、中身を詰めても詰めてもひっきりなしに「空のボンベ」が配達されてきます。



海の中に潜るダイビングの華やかなイメージだけではなく、ダイバーやお客さんの命を守って安全が担保されているのも、このような地道な作業の結果です。



一気に2つも3つも充填し、計器などを見ながら手慣れた手つきの岡本さん。
暦の上では9月ですが、沖縄はまだまだ夏本番。「暑くて大変」と本音が飛び出す場面もありますが、それぐらい一生懸命お仕事に励んでいます。

力仕事に励む合間に、海に飛び込みダイビングライセンス取得の練習をする日も。

自らが一生懸命充填したタンクを背負って、沖縄北部の美ら海に溶け込んでいきます。


岡本磨歩さん③|お休みの日編|本部町:ダイビングサービス ジャミング