岡本磨歩さん④|振り返り編|本部町:ダイビングサービス ジャミング

                       
with コメントはまだありません


30日間の「沖縄移住体験」を終えた岡本磨歩さん(京都府在住)は9月27日に最終日を迎えました。沖縄県でのふるさとワーホリを振り返ります。

-ふるさとワーホリを終えた今、どのように振り返っていますか?
「行ってよかったです。沖縄に本格的に住む前に、環境を知ることができましたし、ダイビングの仕事の内容もしることができました」
「ゆっくりと過ごせて、沖縄にいる間は時計を見ることなんかほとんどなかったです。心が洗われました。帰ってきて今、夢みたいだったなと思えています」



-ふるさとワーホリを通して、何かしら自分にとってプラスになった部分はありましたか?
「仕事の時間に合わせていたら、これまでの夜型生活が完全に直ったことですかね笑 あと、都会に住むか、田舎に住むかなど、いろいろ将来を考える良い機会になったと思います。都会のせかせかした感じがめっちゃ嫌いで、ほっとする感じになれませんでした」
「『自分の人生、嫌なことはしたくない』と改めて思って、ダイビング機材を買いました。(関西にいる間は)和歌山にダイビングしに行くかと思います」


-ふるさとワーホリへの参加を考えている人に一言下さい。
「もし沖縄に住みたいと思っているなら、とりあえず何も考えずに行くべきだと思います。絶対に行った方がいいです。仕事は大変でしたけど、行って良かったと思えるし、今しかないと思います」


-お世話になった沖縄の皆さんに一言お願いします。
「会社のみなさんには本当に良くしてもらいました。仕事上の注意をされる時も、私のことを考えてくれて言ってくれているという気持ちが伝わってきました。そんなみなさんがいる場所でお世話になれて良かったです」