堀上誠人さん④|就職編|本部町:ダイビングサービス ジャミング

                       
with コメントはまだありません


堀上さんは沖縄県本部町でのふるさとワーホリでの経験を経て、受け入れ先の「ダイビングサービスジャミング」への就職を決めました。

もともとダイビングや海が好きで、沖縄県内でどこに住み、働くかを模索してきた結果です。

堀上さんがダイビングの世界を志したのには、こんな理由がありました。

「もともとサーフィンしていたんですよ。ただ、年齢や体力の問題で、もしかしたら長く続けられないかもしれない。だけどダイビングなら、10代も70代も一緒に楽しめます。長く続けることで、いろんな人と出会えるのではないか、と思いました」

沖縄では、夏場はもちろん、冬場でもウエットスーツを着れば特に問題なく潜ることができます。

県内多くあるダイビングショップ。堀上さんがその中ジャミングさんを選んだ決め手となったのは、素敵なメンバーたちの存在です。

「代表の鹿島さんをはじめ、スタッフ全員がお客様や取引先、他のスタッフのために頑張る、思いやりのある職場です」

お客さんのことを一番に考えているという姿勢も、堀上さんが求めている職場像と重なりました。

2月からはそんなメンバーの一員に、堀上さんもなります。一度東京に戻って、沖縄県民になる準備です。



受入企業情報