森近未来さん③|休日編|国頭村:サンヒルズ沖縄

                       
with コメントはまだありません
「16時に仕事が終わるので、仕事が終わってからも自然の中にあちこち行けるんですよ」

早起きは三文の徳。自然が大好きで沖縄にやってきた森近さんは仕事が終わると、マンゴー農園サンヒルズ沖縄の「生き物好きメンバー」と4人ぐらいで、農園敷地奥の方にある川に直接向かっていました。

「近くに川の上流があって、川の生き物とか、イモリとか探したり」

そんな「生き物好きメンバー」の中には、ヘビ探しが大好きな社員さんがいるようで「結構夜遅くまで探したりしましたよ。次の日も朝早くから仕事で、眠い中頑張る日もあります」と、昼はマンゴー、夜はヘビと大忙しです。

「ちょっとそこまで」の感覚で気軽に立ち寄れる自然は、農園奥の川だけではありません。ゲストハウスのすぐ裏手に広がる東シナ海もそうです。本当に、走ったら1分かからないほどの近さにビーチが待っています。

「(ふるさとワーホリ同期の)高木さんと一緒に、仕事終わりに海行ったり、休みの日にも行ってますね」と、海は生活の一部です。3月なのでまだ海に入れないことの方が多いですが「夏の海も見てみたいです。地元の人からも『夏の方が海がキレイ』って聞いていたので」と、来年夏のリベンジも視野に入れつつあります。


滞在するゲストハウス周辺には、割といろんなお店がありました。3時間も散歩を楽しんだ森近さん。「ケーキ屋さんが3軒ぐらいありました。居酒屋さんにも行ったり。地元のスーパーにはたくさん島ぞうり(沖縄でよく見るタイプのビーチサンダル)がありました」

またぜひ夏に国頭村に来て、島ぞうり買って、海も楽しんでくださいね!待ってます!



森近未来さん④|振り返り編|国頭村:サンヒルズ沖縄