沖縄県ふるさとワーキングホリデーって?

沖縄県内の事業者と雇用契約を結び、一定期間(15~30日程度)収入を得ながら滞在し、沖縄の自然や文化に触れながら、交流やくらしを体験してもらう取り組みです。
カヌチャベイリゾート 沖縄ワーホリ わんさか大浦パーク 沖縄ワーホリ
沖縄県では、平成30年度から事業をスタートし、昨年度は23名が9社(3地域)でワーキングホリデーを行いました。
そのうち4名は受入期間満了後も地域(企業)に残り、お仕事を続けています。
ゆいゆい国頭 沖縄ワーホリ オリオンビール名護工場 沖縄ワーホリ

住まいや移動手段はどうするの?

沖縄県ふるさとワーキングホリデーでは、住まいや移動手段の確保は事務局が行います。
住居費は、1泊4,000円(税込)を上限に本事業費から補助致します。
また、移動手段についてはレンタカーやレンタサイクルをご用意いたします。
ホームステイ民泊 沖縄ワーホリ へちま荘 沖縄ワーホリ

慣れない地域での生活はちょっと不安?

沖縄県ふるさとワーキングホリデーでは、各地域にナビゲーターを配置しています。
ナビゲーターには、元地域おこし協力隊や先輩移住者、地域との繋がりを多く持つ地元の方などがいます。
慣れない地域でも気軽にお仕事や生活の相談ができ、地域の方々と繋いでもらうことができますから、ご安心ください。

応募から参加までの流れはこちらから